タグ:建築 ( 4 ) タグの人気記事




3月、東日本大震災から3年、消費税増税3回目、3%UP

プロデューサーの佐々木です。

大震災から3年。いまだ復興のめどすら立たない地域もあれば、徐々に歩み始まって
いる地域もあると、メディアを通じて見聞きする事が多い最近でした。
私共が籍を置くこの建築業界では、いまだ資材供給が安定しておらず、
増して消費税増税リミットの月となっておりますので、混乱状態の上に更にが付く程の
状況が続いております。消費税増税はさておき、復興事業の為建材が品薄とは
メーカーの都合の良い口上としか思えません。もう3年経過しているわけですから・・・
増税後の需要冷え込みを見据えてメーカーが生産性を高めずに守りに入った結果が、
今現在の資材供給不足を生み出したのではないかと考えます。(完全にグチです)
増税に関しては過去2度の経験を生かして、国も業界も対策が取られ、竣工課程業者の
取り合いは相変わらずですが、それ以外には大きな混乱は過去2度の時よりも少なく
感じております。
国の施行も増税前と増税後の建築消費者負担のギャップが大きくならないように、
所得税還付を行っている成果かと思えます。
この先にあるかもしれぬ再増税までは少し冷え込む時期と建築各社が考えておりますので
購入者(施主様)に取っては良い取引になる時期だと思えます。

何も脈略がある話ではないのですが、自分が勝手に「3」が多い月だなと思っており
3月30日にある高松宮記念(競馬です)は3番がまつわるのでは予測して止みません。
当たり馬券を頭金にT&Wのお住まいで快適にお過ごし下さい(笑)



by tandw | 2014-03-16 14:48 | sasaki | Trackback | Comments(0)

借入金利は上がり続けるのでしょうか?

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3大銀が、6月適用の「固定型」住宅ローンの金利を
最大0.2%程度引き上げる方針を出しました。
指標となる長期金利の上昇に伴う措置で引き上げは2カ月連続です。
安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の第1の矢となった日銀の新金融緩和は、円安・株高を演出しているが、その一方で、国債市場は落ち着かず、住宅ローンがあおりを受けている形となっているようです。
3行は市場実勢に応じて、主力の10年固定型の最優遇金利を0.2%程度上げ、年1.6%前後とする方針です。月内に順次発表する。過去最低だった昨年12月水準(1.3%台)に比べ、約0.3%の上昇となります。
しかし各行は、借入時の金利が相対的に低い「変動型」を、実質1%程度に据え置く見通し。
利用者は新規契約や借り換えの際に、慎重に検討する必要がありそうだ。と新聞掲載されました。

今年で26年間、住宅業界に籍を置いておりますが、慣れとは恐ろしい物で住宅金融公庫固定金利5.5%も昭和50年代の大手都市銀の金利14%(不動産併用)の時代を知ってしまっている為、まだまだと思えてしまう自分がおります。しかし、現在お建て頂く施主様方は、現在の収入に見合う支払い計画でご建築される事になり、低金利と言えどもここからの金利上昇は家計に打撃を与える事になります。
消費税増税に伴い、先行建築需要の高まる時期に入っておりますので、金利下降は当分見込めないと思います。変動型も順次金利上昇すると考えますと、住宅ローンを抱える1人の消費者として、
且つ住宅に従事する者として、もしも今、借り換え、新規にて選択を迫られてる方がいらっしゃるのであれば,

可能な範囲で固定金利を採用し、変動金利割合を下げて借入する
「固定、変動併用策」にて様子を伺う形態が得策かと考えます。

あくまでも個人の見解ですが・・・



by tandw | 2013-06-04 17:32 | sasaki | Trackback | Comments(0)

胡蝶蘭&生家塗装中

事務方担当の宿沢です。
毎度お馴染みの『胡蝶蘭』ですが・・・なんとなんと、今年も花が咲きました!!!
国分寺アトリエ・オープンのお祝いに頂いてから、3回目のお花です。
今年は花が終わったら、肥料くらいあげなくてはっ!・・・と思っています。

d0178586_1827078.jpg



2枚目は、私が3歳から19歳まで暮らした『家』の現在塗装中の写真です。
初めは平屋だったこの家を、2階を増築、水回り・屋根のリフォーム、子供たちが独立したら貸家にするための大規模リフォームと、父はこの家に手を入れ続けています。
ずっと携帯を持たなかった父が、スマートフォンを手に入れて初めて送ってきた添付ファイルが・・・この写真でした(笑)
私が今、住宅建築の会社に勤めているのも、この父の影響かもしれません。

d0178586_18275765.jpg



注文住宅・間取り・技術集団のティーアンドダブリュー(T&W):東京・埼玉・千葉・神奈川



by tandw | 2012-03-25 18:40 | Shukuzawa | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

2011年 新年あけましておめでとうございます。
設計の千葉です。

本年も微力ながら夢のマイホーム作りのお手伝いが出来ますよう、日々知識向上と仕事に取り組んで行きます。

今年の新年は実家の岩手へ帰省してきましたが、岩手に到着して早々に雪かきをしてまいりました。
世界的に寒波となっている様ですが、岩手はいつも通りの寒さでした。

外の気候が厳しくなると、仕事がら建物の断熱材の事が気になってしまう今日この頃です。

住宅の建築工事費用の中でも3~10%程になる費用ですので、十分検討して選定する必要があります。
内装材やキッチン等の設備機器は比較的に簡単にリフォーム出来ますが、断熱材のリフォームは大掛かりになってしまいますし。
後々後悔しない物を選びたいですね。

当社では現場発泡のウレタンフォームを採用しています。
現場での充填性も良く、構造材への粘着性も有り高気密高断熱住宅には欠かせない材料だと思います。

実際の現場を見学して頂く事や、アトリエでのプチ実験も出来ますのでぜひ御覧頂ければと思います。

(写真:プチ実験後の断熱材)
d0178586_14283372.jpg



注文住宅・高気密高断熱住宅のティーアンドダブリュー・T&W・国分寺市・さいたま市・中央区



by tandw | 2011-01-15 14:25 | chiba | Trackback | Comments(0)

ティーアンドダブリューのスタッフブログです。
by tandw

フォロー中のブログ

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 17:40

メモ帳

最新のトラックバック

GloucesterCa..
from Light commerci..
if
from %anchor_text%
健康
from 動漫
時尚
from 科技
科技
from 健康
you could tr..
from Conception Als..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

昭和懐古~絶滅危惧物~
at 2019-01-21 00:00
点検と大掃除
at 2018-12-16 09:14
拘り2
at 2018-11-13 19:41
少しの安心
at 2018-10-27 23:01
断熱材の大切さ
at 2018-09-16 18:18
完成現場
at 2018-08-16 16:31
『増沢 洵 「自邸―最小限住..
at 2018-07-01 02:43
秩父路~序章~
at 2018-05-30 16:53
日光杉
at 2018-05-05 18:50
引き渡しにて!
at 2018-04-08 18:57
手造りガラスメーカーからの新..
at 2018-02-25 23:08
木造の家
at 2018-01-27 20:33
露天風呂のある家
at 2017-12-22 18:22
完成現場の紹介
at 2017-11-24 19:43
『芸術家としての意匠が、住ま..
at 2017-10-22 19:57
世界遺産
at 2017-09-20 17:31
緑のカーテン
at 2017-08-15 11:50
工場見学
at 2017-07-10 09:13
京都東福寺
at 2017-06-03 16:13
潮干狩り
at 2017-05-20 20:31

ファン

ブログジャンル