人気ブログランキング |

タグ:シンプルモダン ( 5 ) タグの人気記事




梅雨空に夕焼け

吹野です。
齢を重ね、今とくに歴史が面白い。
自国の歴史を知ることによって今の自分の立ち位置を知る。
温故知新。古きを知り伝統を守りながらそこに学びさらに新しいものに挑戦する
特に近代史における日本国の歩みは興味が尽きない。
しかし、相反した意見の中見極めは近代史になるほど難しい。
周囲の思惑が強すぎるからだろうか。

先ず周囲の事物から、歴史を垣間見体感する。
人物の歩み、歴史ある建物。博物館。美術館。
幕末の中法螺吹きと言われた坂本龍馬の理想の中に明治が生まれた。
それは現実となり今の日本がある。渋沢栄一、岩崎弥太郎

ホテルオークラ東京本館が解体建換えになること。
1万8000坪の芸術とまで言われる。日本特有の風土環境の中での選択肢なのか。
終戦70年。70年前の戦争のことを振り返る。そして今がある。
先人たちに対し今の自分がみっともないことはしたくないなと、思った。
d0178586_14534098.jpgd0178586_14593051.jpg



by tandw | 2015-06-20 15:02 | fukino | Trackback | Comments(0)

縁側の風景

技術部の吹野です。
我が家の朝は早い。早番の日の長男は始発で出勤。次男は最近駅前のパン屋でバイト、これまた早い。娘は高校の早朝稽古で6時半には家を出る。
ようやく冬らしく寒くなり早朝の空気に身がしまり心地よい。

穏やかな冬の日、縁側に座って日向ぼっこしている記憶がある。
一軒家に住んだことはないが誰か友達の家の風景かもしれない。
小さな庭の縁側だったかもしれないが木漏れ日が差し込む南向きの庭の光景は憧れかもしれない。いつだったかまだ小さい娘がこんな家に住みたいと言った。その後も何度か言われたこともある。日本人のDNAが濃そうだ。
今、日本の風景がいい。ともすると田舎田舎と敬遠するなか、否が応でも、冷え込んだ空気の中に昇ってくる朝日の光景、青く広がる澄んだ空、流れゆく白い雲。真っ赤に焼ける夕焼け。その中に豊かな生活があると思う。
d0178586_1910230.jpgd0178586_19103920.jpg
d0178586_19112275.jpg




by tandw | 2014-12-07 19:14 | fukino | Trackback | Comments(0)

japan life style

 先日、自宅の机の上を整理していると10数年前に建てた横浜の物件で、当時お客様が工事中の様子を克明に撮影、記録したDVDが目に入りOAしてみた。この家は主に2×4工法パネルで短期間に屋根まで葺いて後はお客様が友人知人家族とともに作り上げた家。工事は約1年近くかかり四季の中での家づくりの楽しさにあふれた秀逸な家が出来上がった。
 この頃思うに普段見慣れた、常に目に入る物や風景、事象、文化など今強く日本の良さを改めて見直す風潮が出てきた。都会での生活、地方での生活、あらゆるところでの日本の生活習慣スタイル。世界の中で日本はかくあるべき。



by tandw | 2014-06-01 23:54 | fukino | Trackback | Comments(0)

ヨットと私

 設計で構造設計を担当しております岡です。
 友人に誘われるままに、何事も経験と思い、全く興味のないボートレースに足を運んだ。舟券(正式には勝舟投票券というのを初めて知った)の買い方も判らず、全て友人頼みでベンチで観戦。
 と、学生時代、ヨット部でディンギー(2~3人乗りのレースヨット)のレースに参加した時を思い出す。
 風を読み、風を摑みと、一番自分にとってベストなポジションを取る事。ヨットレースでは、スタートライン(海にラインは描いてないが)からスタートを切るとき、そのラインまでの時間を計算しながら、ウロウロしていの一番にスタートする。ボートレースも同じだ。スタートで勝負が決まると友人から聞いて、成程と変に感心し、納得した。
 乗っていた船は、ヤマハ15(ヨーロッパスタイルのレースヨット:15=15フィート)。かなり高速型だが、風が強く、体重の少ない(当時65kg)自分では強風に上手く船を合わせられない。上り(風上に向かう)の性能もかなり良い船だったが、技術の無さに悔やみながらやっとゴールした時は、後輩にも遅れを取っていた。
 ボートレースなど、ギャンブルオンチの私(麻雀のパイも触れたことがない)、レースよりも艇が跳ね上げる水しぶきに学生時代の自分を馳せていました。


注文住宅・間取り・技術集団のティーアンドダブリュー(T&W):東京・埼玉・千葉・神奈川



by tandw | 2012-02-24 17:07 | oka | Trackback | Comments(0)

『住まいの体感』

千北 正(チギタ タダシ)と申します。
T&Wでデザインに関する仕事の全般を担当しております。
先回に続き、2回目のブログを投稿させて頂きます。
連載中の、我社のホームページへ載せる施工事例として、この度Y様邸を取材・撮影させて頂きました。ご家族ともお会いし、住まいのこだわりについても伺うことが出来、貴重な体験でした。
白くキュービックな外観は、まさに「シンプルモダン」の典型といえるデザイン住宅です。
お宅に入らせて頂きますと、外観とは対照的に、アイランドキッチンのあるオープンなダイニングスペースや、リビングの吹き抜けは、開放的でダイナミックな空間づくりに感動しました。
まるで、モデルハウスかショールームにいるかのような、個性的で、強い提案性を感じた次第です。
この様な、空間で育つお子様達は、「どのように成長されるのだろう」、とまで思いが膨らみます。
私は、日頃はデスクワークが多く、お客様への提案として、住宅の完成予想図(手描きのデザイン画:パース)も描いておりますが、毎回、この取材を通して、現在お住まいの完成した住宅を体感する事は、
私の表現技術をはじめとしたデザイン業務に、とても大切な機会でもあります。
世の中、ホームページでの住宅の施工事例紹介が実に多く存在しますが、実際にお住まいの住空間の、大きさ・特性等を体感することは難しいことと思います。そして、住宅の完成予想図(手描きのデザイン画:パース)を描く場合も、自身が、体感イメージをもって描くのとでは大違いです。この様な、貴重な実体感を、自身のボキャブラリーとして、常にお客様へご提案する仕事に活かしたいと思います。
Y様邸の施工事例が、わが社のホームページにUPします。わが社の施工事例を通して、少しでも皆
様に、注文住宅の素晴しさや、魅力をお伝えすることが出来ればと思っております。
今後とも、わが社のホームページに連載していきますので、どうぞ、楽しみにご覧下さい。
また、わが社のホームページの施工事例の一部に、私の描いた直筆のデザイン画(パース)もご紹介させて頂きますので。どうぞご期待ください。


①技術に裏付けられたセンスある注文住宅ならティーアンドダブリュー
②狭小地でも諦めさせない!技術とセンスで広く魅せる!ティーアンドダブリュー
③狭小地にも地震にもツヨイ!夢の3階建て!ティーアンドダブリュー
④耐震性とデザインを。家族の命を守り、育む家に、いま。ティーアンドダブリュー



by tandw | 2010-12-12 21:45 | Trackback | Comments(0)

ティーアンドダブリューのスタッフブログです。
by tandw

フォロー中のブログ

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 17:40

メモ帳

最新のトラックバック

GloucesterCa..
from Light commerci..
if
from %anchor_text%
健康
from 動漫
時尚
from 科技
科技
from 健康
you could tr..
from Conception Als..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

「令和」になって
at 2019-05-02 02:29
地鎮祭
at 2019-04-04 19:48
『6坪でも豊かな空間 ―塔の..
at 2019-02-20 23:27
昭和懐古~絶滅危惧物~
at 2019-01-21 00:00
点検と大掃除
at 2018-12-16 09:14
拘り2
at 2018-11-13 19:41
少しの安心
at 2018-10-27 23:01
断熱材の大切さ
at 2018-09-16 18:18
完成現場
at 2018-08-16 16:31
『増沢 洵 「自邸―最小限住..
at 2018-07-01 02:43
秩父路~序章~
at 2018-05-30 16:53
日光杉
at 2018-05-05 18:50
引き渡しにて!
at 2018-04-08 18:57
手造りガラスメーカーからの新..
at 2018-02-25 23:08
木造の家
at 2018-01-27 20:33
露天風呂のある家
at 2017-12-22 18:22
完成現場の紹介
at 2017-11-24 19:43
『芸術家としての意匠が、住ま..
at 2017-10-22 19:57
世界遺産
at 2017-09-20 17:31
緑のカーテン
at 2017-08-15 11:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧