カテゴリ:kimura( 6 )




昭和懐古~絶滅危惧物~

平成の時代も、あと数カ月となりました。
昨年の世相を表す漢字は ” 災 ” でしたが、新しい時代の始まりは、
 ” 災い転じて福となす ” となってほしものです。

少し遅いですが、明けましておめでとうございます。
木村です。


街を歩くと、通りに面した建物はずいぶんとモダンで個性的な建物が多くなっています。   

しかし、少し奥に入るとまだまだ歴史を感じさせる家も点在しております。
流石にトタン屋根や板目張りの外観を呈した家は珍しくなっていますが、そんな光景に
出くわしますと、何かホッとするのは年齢を積み重ねたせいでしょうか。

d0178586_14363957.jpg
                                           
そんな中、とても懐かしいものに出会うことが出来ました。
”コンクリート製のゴミ箱”
                                           

そこには、まさに昭和という時代の、小さな充実した空間が存在しています。

d0178586_14371869.jpg



d0178586_14375049.jpg






















コンクリートの外観に木製のフタ、昭和中期には至る所で見かけたものです。
しかしながら、東京オリンピック開催(昭和39年)に合わせた美化運動により撤去され、
その役目はポリバケツへと引き渡されました。

今ではめっきりその数は少なくなっており、絶滅が危惧されております。

なにやら隠れるように申し訳なさそうに佇むその姿に出会ったとき、思わず
”よく生き残ったな”と肩(?)を叩きたくなるのは、私だけでしょうか。



かつて、乱獲や駆除によって絶滅してしまった ニホンオオカミやニホンカワウソと
同じように、時代により淘汰されるであろう ”昭和のコンクリート製ゴミ箱”
我が心の中のレッドデータブックの1ページとして、ファイリングしておきます。




①技術に裏付けられたセンスある二世帯注文住宅ならティーアンドダブリュー
②「タイルのもつ魅力」を、建築家とデザイナーのセンスで魅せる注文住宅ならティーアンドダブリュー
③狭小地でも諦めさせない!技術とセンスで広く魅せる!ティーアンドダブリュー
④狭小地にも地震にもツヨイ!夢の3階建て!ティーアンドダブリュー
⑤新築よりも強く美しい。『たてかえリフォーム』 ティーアンドダブリュー







by tandw | 2019-01-21 00:00 | kimura | Trackback | Comments(0)

秩父路~序章~

 ゴールデンウィークも終わり、梅雨の季節になってきました。
 しばらく連休も無く、ちょっと憂鬱な時期ではありますが、
 おいしものでも食べて乗り切りましょう。

 こんにちは。木村です

 ここ秩父は都心から日帰りでも楽しめる最近注目の観光地です。

 石灰岩の採掘により独特の山容を呈す武甲山、
 日本三大曳祭りの一つである秩父夜祭、
 秩父三十四ケ所巡礼や多くの古い建造物が残る街並み等々
 文化的歴史的にも大変魅力ある地域です

 今回は北の入り口となる宝登山(ほどさん)神社にご挨拶。
 川下りで有名な長瀞町にあり、秩父神社、三峰神社とともに
 秩父三社の一つとして強力なパワースポットでもあります。
 
d0178586_09525930.jpg

 拝殿の欄間に施された彫刻は見事なもので、カラフルな彩色は
 目を見張るものがあり印象的です。

d0178586_09523331.jpg
d0178586_09532797.jpg

































宝登山の由来は、一説によるとその昔、日本武尊が禊を済ませ山頂に
向かう途中、突然の猛火に襲われて行き場を失っていたところ、忽然と
山犬(狼)たちが現れて火を消し止めてくれたことから、山の神が
山犬たちを遣わせて救ってくれたということで、”火を止める山” と
表し、火止山⇒ほどさん⇒宝登山 となったということです。

因みにその山犬は、山頂の奥宮にて狛犬の代わりに私たちを出迎えてくれます。

宝登山神社、由来を知らず訪れると、その名称から何某か欲に絡む御利益を
期待してしまうのが凡人であります。
斯く言う私も御多分に漏れず、参拝する前から ”帰ったら宝くじなど買って
みようか” とほくそ笑んでいた不届き者。

自らを省しつつ雑念を振り払い、心やすらかに手を合わせるのでした。






by tandw | 2018-05-30 16:53 | kimura | Trackback | Comments(0)

世界遺産

 天候不順の夏が過ぎ、空高く秋の気配が感じられるようになってきました。
この時期、知らず知らずのうちに疲れが溜まり、風邪などひかれる方が多いのでは
ないでしょうか。
体調管理には充分気を付けてください。

こんにちは。木村です。

7月に伊豆の国市にある韮山反射炉を見学してきました。
2015年7月に世界文化遺産登録され、以来多くの観光客が訪れています。
d0178586_16293883.jpg
世界遺産は
      建造物や遺跡としての文化遺産
      自然地域である自然遺産
      文化・自然両方を備えた複合遺産  に分類されるそうです。


現在、日本では文化遺産17件、自然遺産4件 が登録されています。
今回訪れた韮山反射炉は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
として、8県に跨り点在する23遺産の中の一つであり、その他には「三池炭鉱」や
「官営八幡製鐵所」なども含まれています。


反射炉とは、鉄などを溶かして大砲などを鋳造するための溶解炉です。
石炭などを燃料として発生させた熱や炎を炉内の天井で反射し一点に集中させること
により、千数百度の高温を実現することができる建造物であり、日本に実在するのは
2基のみだそうです。


写真で見るよりもこじんまりとした建造物で、世界遺産としは非常に地味ではありますが、
併設の真新しいガイダンスセンターで概要を学んで眺めると、歴史の重みと風格さえ
感じられるのは不思議なものです。


恥ずかしながら世界遺産に登録されるまではその存在すら知らなかった韮山反射炉、
今、急に「ぶらり歴史探訪の旅」に出かけたくなりました。






by tandw | 2017-09-20 17:31 | kimura | Trackback | Comments(0)

御来光

2017年の始まりです。
昨年が良い年であった人、そうでもなかった人、
それぞれの想いを新たに新年を迎えられたことでしょう。
d0178586_13540297.jpg
明けましておめでとうございます。
経理の木村です。
本年も宜しくお願い致します。

年末年始は何十年振りかで東京を離れて過ごしました。
元日はお天気も良く、初日の出を拝むには絶好の機会となりました。
氷点下の中、寒さに震え箱根山駒ケ岳から眺める御来光は、
しばし我を忘れるほどの神秘的な光景でした。

ちょうど、縁起の良い扇のように見える瞬間を写すことができましたので、
おすそ分けをーー
d0178586_13513826.jpg
今年が良い年でありますように。





by tandw | 2017-01-14 17:10 | kimura | Trackback | Comments(0)

スグレもの

 桜の蕾も開きはじめ、春の薫りも感じられるようになってきました。
 もうすぐ新学期が始まり、思い切って何かにチャレンジするには一番いい時ですね。

 こんにちは。木村です。          
d0178586_14101272.jpg


 アイデア商品の類が氾濫している折、実際使ってみると期待外れだったり、
 また数回使っただけで、何某かの肥しと化している物も多いのではないでしょうか。
 
 そんな中、昨年より使用しているスグレもの ”珪藻土バスマット” をご紹介致します。
 珪藻土は、その調湿性、脱臭性等から住宅の壁材として利用されていることは有名です。
 また、珪藻土バスマットも度々マスコミなどで紹介されているため、ご存知の方も多い
 のではないでしょうか。
 見た目、質感は石膏ボードのようなもので、はたしてバスマットの代わりになるのか
 半信半疑で使い始めました。
 
 ところがビックリ。足裏の水滴があっという間に吸い込まれる感覚、そしてサラッと感は
 従来のバスマットの比ではありません。恐るべし珪藻土。
 
 そのまま立ち続けていると、足の裏から体内の水分が吸収され、脱水症状になってしまう
 ので御注意を! 
 などという注意書きはございませんので、安心してください。

d0178586_14122613.jpg
 多少お高いと感じるかもしれませんが、洗濯も不要、お手入れも簡単、コストパフォーマンス
には優れていると思います。
 
 ただ、乱暴に扱うと割れてしまうこともあるそうなので要注意。  
 
   



by tandw | 2016-03-27 14:25 | kimura | Trackback | Comments(0)

マンションに暮らすカテキンのチカラ

 梅雨も明け、暑い夏がやってきました。
はじめまして、木村と申します。
ブログなるものとは、縁のない生活をしていたもので、
何を書いたらよいものか手探り状態ではありますが、
今回は我が家族の一員、猫の”カテキン”を紹介いたします。


 13年前私が道端で声を掛けたのが出会いの始まりです。
当時は、片手に乗るほど小さな体でしたが、今では体重が
優に8キロを超え、巨大生物と化してしまいました。
たるんだお腹を左右に揺らし、我が狭小マンションを一層
狭くしていることなどつゆ知らず、闊歩しております。
食することをこよなく愛し、獣医の先生のダイエット勧告には
どこ吹く風、毎年着実に体重の最高記録を更新しております。 
特に朝の空腹には我慢がならず、顔面へのネコパンチが私の
目覚まし代わりとなりました。
そんなカテキンでも、時折見せる無邪気な姿に癒され、我が家の
チカラの一つになっております。

d0178586_14151151.jpg



夜には優雅に夜景を眺め、自由に外出できない我が身をぼやきつつ、
「早くT&Wで猫に優しい住宅を建ててくれないかニャー」
などと、想っているに違いありません。


d0178586_14194513.jpg
  



by tandw | 2015-07-26 14:47 | kimura | Trackback | Comments(0)

ティーアンドダブリューのスタッフブログです。
by tandw

フォロー中のブログ

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 17:40

メモ帳

最新のトラックバック

GloucesterCa..
from Light commerci..
if
from %anchor_text%
健康
from 動漫
時尚
from 科技
科技
from 健康
you could tr..
from Conception Als..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

昭和懐古~絶滅危惧物~
at 2019-01-21 00:00
点検と大掃除
at 2018-12-16 09:14
拘り2
at 2018-11-13 19:41
少しの安心
at 2018-10-27 23:01
断熱材の大切さ
at 2018-09-16 18:18
完成現場
at 2018-08-16 16:31
『増沢 洵 「自邸―最小限住..
at 2018-07-01 02:43
秩父路~序章~
at 2018-05-30 16:53
日光杉
at 2018-05-05 18:50
引き渡しにて!
at 2018-04-08 18:57
手造りガラスメーカーからの新..
at 2018-02-25 23:08
木造の家
at 2018-01-27 20:33
露天風呂のある家
at 2017-12-22 18:22
完成現場の紹介
at 2017-11-24 19:43
『芸術家としての意匠が、住ま..
at 2017-10-22 19:57
世界遺産
at 2017-09-20 17:31
緑のカーテン
at 2017-08-15 11:50
工場見学
at 2017-07-10 09:13
京都東福寺
at 2017-06-03 16:13
潮干狩り
at 2017-05-20 20:31

ファン

ブログジャンル