「ほっ」と。キャンペーン

『社員研修を通して教えられることの大切さ』

T&Wでチーフデザイナーをしております千北 正(チギタ タダシ)です。
数年前から、戸建住宅の外観、内観のイメージスケッチ表現実習の「社員研修」で講師をさせて頂くなかで、多々教えられる事があります。

私は、かつてデザイン学校で、学生へのデザインの表現実習指導の経験は20年以上ありましたが、実務を行っている方々への即戦力指導には、大変に緊張しました。

研修先で、良く紹介させて頂くのが、下記のフランクロイド ライトの「落水荘」のデザインスケッチです。世界の歴代の建築家や、デザイナーたちは、スケッチ等が上手な方を多々見うけます。住宅の外観(外構を含む)や、内観(インテリア)デザイン等のアイデアスケッチ(パース)で表現した例も多く、私が感動した作品に(下記、社員研修でも紹介した)、フランク ロイド ライトの「落水荘」の外観スケッチパース(色鉛筆表現)は、お施主様への感情移入が強く打ち出され作品で、学生時代から大変感動し、大きな影響(表現技術)を受けた作品です。

この「落水荘」は、アメリカの偉大な建築家の一人、フランク・ロイド・ライトが設計したカウフマン邸として、1936年にアメリカ合衆国のペンシルベニア州に建てられました。滝の上に建物がせり出しているところから落水荘(Fallingwater)と呼ばれています。自然と融合するかのような美しい建築です。 この建物は、福山雅治 キユーピーCMのキユーピーハーフTVCM 「サラダはクールだ」篇でも背景に使われました。


d0178586_14255917.jpg

「落水荘」の外観パース(色鉛筆表現) ▲実際の「落水荘」外観写真

設計・デザインのイメージを相手に伝える手段には、現在ではCADCGは勿論ですが、アイデア段階での建築家やデザイナーの手描きのスケッチ(パース)は、お施主様とのイメージの共有と、更なる親近感を与えることは間違いありません。私は日頃の営業推進・設計支援業務を通し、お施主様への、プレゼンテーション業務を中心に活動をしておりますが、同時に、社団法人「建築デザイン倶楽部」にも参画し、コンサルティング業務のとして、大阪や九州などの住宅会社(研修社員4080名)へ出向き、表現技術研修で、即戦力として使えるイメージスケッチ表現(鳥瞰・外観・インテリア、等)の実技・実演指導もさせて頂いております。

上記にも記しましたが、私は、住宅業界に入る前は、建築・インテリア系のデザインの専門校で、20年あまり、学生への表現実習指導として、教育畑の経験をもち、人前での実習指導には、あまり抵抗はありでした。しかし、毎日実際の実践・実務を行っている方々への研修には、大変な緊張が走り、私自身の日頃の作業を通した、時間の切り売りでは済まない事を強く感じた次第です。

研修前の数日間は、一日の会社での自分の仕事が終わった後、夜9時ぐらいから、毎日2時間ほどの秘密訓練をしております。全てにおいて事前の周到な準備には手を抜いたことがありませんが、自分でも同じ実習課題の内容を、時間を区切り事前にシミュレーションし、疑似体験の訓練が、より確かな形で相手に伝えるための創意工夫と若干の余裕(笑顔で接する大切さ)も出てきます。

◆パース研修風景(住宅メーカーや工務店等での)写真

d0178586_14290891.jpg

また、これらの社員研修のための、指導用テキスト(マニュアルやレジュメ等の作成)や、実技演習用の課題(フォーマット)づくり、その為の参考作品づくりが、日頃の実務で培ったものに対し、より自己研鑽と、日常業務の客観視ができる良いチャンスを得ることができます。60歳を超えた私ですが、社員研修の講師を通して、怠らぬ日々の実務とその訓練の積重ねを通して、お施主様へ伝えるための感情移入と表現の創意工夫が、自身の進化のためにもおおきな刺激を与えてもらっていることは確かです。何事も初心を忘れず、緊張感を持ち、日々の作業を大切にしていきたいと思います。

①技術に裏付けられたセンスある注文住宅ならティーアンドダブリュー
②「タイルのもつ魅力」を、建築家とデザイナーのセンスで魅せる注文住宅ならティーアンドダブリュー
③狭小地でも諦めさせない!技術とセンスで広く魅せる!ティーアンドダブリュー
④狭小地にも地震にもツヨイ!夢の3階建て!ティーアンドダブリュー
⑤新築よりも強く美しい。『たてかえリフォーム』 ティーアンドダブリュー





[PR]



# by tandw | 2017-02-24 16:05 | 千北 正 | Trackback | Comments(0)

御来光

2017年の始まりです。
昨年が良い年であった人、そうでもなかった人、
それぞれの想いを新たに新年を迎えられたことでしょう。
d0178586_13540297.jpg
明けましておめでとうございます。
経理の木村です。
本年も宜しくお願い致します。

年末年始は何十年振りかで東京を離れて過ごしました。
元日はお天気も良く、初日の出を拝むには絶好の機会となりました。
氷点下の中、寒さに震え箱根山駒ケ岳から眺める御来光は、
しばし我を忘れるほどの神秘的な光景でした。

ちょうど、縁起の良い扇のように見える瞬間を写すことができましたので、
おすそ分けをーー
d0178586_13513826.jpg
今年が良い年でありますように。


[PR]



# by tandw | 2017-01-14 17:10 | kimura | Trackback | Comments(0)

収穫

こんにちは、工務の関谷です。

東京では11月に雪が降り積雪も記録しましたが、数日前には暖かく、上着を脱ぐほどでした。
12月に入り、寒さが厳しくなる日が多くなり、いきなり冬になった感じです。
そんな短く感じる秋ですが、庭のミカンの木には黄色くなった実が付き、先日、収穫しました。
背丈ほどの高さの木なのですが、ミカンが60個ほど実りました。

d0178586_8484811.jpg

ミカンの味は・・・ご想像にお任せです。
[PR]



# by tandw | 2016-12-11 08:54 | sekiya | Trackback | Comments(0)

街歩き

先日、目白の自由学園明日館に出向いた。
昭和2年竣工のフランク・ロイド・ライト氏設計。
目白に草原住宅のたたずまい。
内外装から建具、什器など目を見張るものがある。

宮脇檀氏いわく建築は文化。住まいをつくること、考えることは教養の一部。
身近にある建築に目を向けたい。建物に限らず街並みや坂道、階段、塀や街路樹さえも。

そしてそれを身近に活用する事。
私的になるが部屋の中を快適に過ごせるよう考えてみたい。
d0178586_17410100.jpgd0178586_1744124.jpgd0178586_1733528.jpg
[PR]



# by tandw | 2016-11-18 17:36 | fukino | Trackback | Comments(0)

ホンドキツネ

d0178586_1025041.jpgPDの吉田です。
最近少しずつ秋を感じる季節になってきました。

さて、少し前に田舎へ帰省いたしましたが、初めて野生のキツネを見る事ができました。
色々調べると、キツネにも種類があるらしく、私の見たキツネは、ホンドキツネだと思います。
タヌキは、頻繁にみてきましたが、キツネは初めてでした。
勝手に、なにかのお告げでは・・・・と思っております。

実家の納屋に藁を集めて寝床にしております。警戒心が強くギリギリで写真取りましたが、耳しか
移す事が出来ませんでした。写真の端にいます。見えますか?

ちなみに岩手県です。

d0178586_10222667.jpg

[PR]



# by tandw | 2016-10-23 10:26 | yoshida | Trackback | Comments(0)

ティーアンドダブリューのスタッフブログです。
by tandw

お気に入りブログ

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 17:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

『社員研修を通して教えられる..
at 2017-02-24 16:05
御来光
at 2017-01-14 17:10
収穫
at 2016-12-11 08:54
街歩き
at 2016-11-18 17:36
ホンドキツネ
at 2016-10-23 10:26

ファン

ブログジャンル