さくら


プロデューサーの暮石です。
今回は 桜 をテーマに少しお話し致します。
皆さんはもうお花見をされたでしょうか。私は毎年、これといって花見をするわけでは
ありませんが、仕事がら車で移動が多く、あちらこちらで桜の並木を目にします。
もう満開の時期は過ぎてしまいましたが、関東あたりは先週がピークであった様に思います。
開花から散ってしまうまで、非常に短い期間ですが、逆に短いからこそ感動が大きいとも
思えます。今回も一瞬ではあったものの、満開の桜を見る機会があり良かったと思っています。

ところで桜は日本の国花と思っていましたが、調べると法律上で決められているわけでは
ありませんでした。皆が愛するもの、親しみがあるものとされており、圧倒的に桜が好まれており
国花のイメージが強いようです。また国家、皇族では菊の花をモチーフにしたものが多く
菊 という声もあるようです。

私の中での桜は、花というよりは木のイメージが強いですが、何故か桜は好きですね。
d0178586_19002622.jpg

[PR]



# by tandw | 2017-04-16 18:49 | Kureishi | Trackback | Comments(0)

現場紹介

GMの洪原です。今回は建築中の現場を紹介します。
1件目は品川の現場なんですが敷地がL型をしていて、そこにぎりぎりいっぱい建物が立っています。3階建てでホームエレベーターを設置する予定ですが、建物もL型なため構造計算が非常に難しく、二つの建物をつなぐような感じで建てています。注文住宅ならではな感じです。
屋上には大きなバルコニーがあり、アウトドアリビングとして多目的に使えそうです。
景色もいい感じでゆっくり、まったりできそうです。
興味のある方はぜひ一度ご覧下さい。ご案内します。
2件目は小金井市の狭小敷地にめいいっぱい建てた建物になります。限られた空間に完全分離の二世帯住宅になっています。小屋裏までめいいぱい工夫している建物になります。
東京は土地費用が高いですので1㎡も無題しないよう設計しています。ぜひ一度ご覧下さい。

地震も気になります。こちらがMER制振ダンパーになります。これで安心です。
d0178586_1045431.jpg
d0178586_1048484.jpg
d0178586_10551027.jpg
d0178586_10553850.jpg

[PR]



# by tandw | 2017-03-19 11:04 | kouhara | Trackback | Comments(0)

『社員研修』を通して新たに教えられること。

T&Wでチーフデザイナーをしております 千北 正(チギタ タダシ)です。
数年前から、戸建注文住宅のエクステリアデザイン(外観)、インタリアデザイン(内観)のイメージスケッチ表現の実習指導を、住宅会社の「社員研修」で講師をさせて頂くなかで、多々教えられる事があります。
私は、かつて東京目黒にある建築・インテリアのデザインを専門とした学校で、学生へデザイン表現実習指導を20年以上経験してきましたが、住宅会社で設計実務を行っている方々への即戦力指導には、大変に緊張しました。
その研修先で、よく紹介させて頂くのが、下記のフランク ロイド ライトの「落水荘」のプレゼン用のデザイン画です。
世界の歴代の建築家や、デザイナーたちは、スケッチ等が上手な方を多々見うけます。住宅デザイン等のアイデアスケッチで表現した例も多く、私が感動した作品に(下記、社員研修でも紹介した)、フランク ロイド ライトの「落水荘」の外観イメージスケッチ(トレーシングペーパーに色鉛筆表現)は、お施主様への感情移入が強く打ち出され作品で、学生時代から大変感動し、大きな影響(表現技術)を受けた作品の一つです。この「落水荘」は、アメリカの偉大な建築家の一人、フランク・ロイド・ライトが設計したカウフマン邸として、1936年にアメリカ合衆国のペンシルベニア州に建てられました。滝の上に建物がせり出しているところから落水荘(Falling water)と呼ばれています。自然と融合するかのような美しい建築です。
逸話として残っていますが、落水荘(falling water)の建主は実業家エドガー・カウフマン。当時のアメリカのデパート「カウフマンズ」のオーナーでした。建主のカウフマンはこのスケッチを一目見るなりライトに不満をぶつけた。「滝の上に家を建てるなんて聞いたことがない。私が建てて欲しいのは滝を眺める家だ。」ライトは云った。「そんなことを云っているようでは、あなたはこの建築に値しない。」カウフマンは押し黙ってしまった。周りはどうなることかとハラハラするばかり。するとライトは諭すように云った。「カウフマンさん。滝を眺めるのではなく、 滝と共に暮らすのです。」ライトの頭の中には既に滝と共に暮らす家族の物語が出来上がっていたのでしょう。それにしても建築家がここまでのパースが描けるとは驚きです・・・。
余談ですが、この建物は、福山雅治 キユーピーCMのキユーピーハーフ TVCM 「サラダはクールだ」でも背景に使われた住宅です。
d0178586_23004361.jpg
       ▲「落水荘」のライト直筆の外観スケッチ    ▲現存の「落水荘」外観写真

設計段階でのデザインのイメージを相手に伝える手段には、現在ではCAD・CGは勿論ですが、アイデア段階のデザイナー自身の手描きのスケッチ(パース)は、お施主様とのイメージの共有と、これからの打合せに、更なる親近感を与えることは間違いありません。私は日頃の営業推進・設計支援業務を通し、お施主様への、プレゼンテーション業務を中心に活動をしておりますが、同時に、社団法人「建築デザイン倶楽部」にも参画し、法人のコンサルティング業務の一貫として、日本全国の住宅会社(研修社員40~80名)へ出向き、表現技術研修で、即戦力として使えるイメージスケッチ表現(鳥瞰・外観・インテリア、等)の実技・実演指導もさせて頂いております。上記にも記しましたが、私は、住宅業界に入る前は、建築・インテリア系のデザインの専門校で、20年あまり、学生への表現実習指導として、教育畑の経験をもち、人前での実習指導には、あまり抵抗はありませんでした。しかし、毎日実際の実践・実務を行っている方々への研修には、大変な緊張が走り、私自身の日頃の作業を通した、時間の切り売りでは済まない事を強く感じた次第です。研修が行われる前の数日間は、一日の会社での自分の仕事が終わった後、夜9時ぐらいから、毎日2時間ほどの秘密訓練をしております。 全てにおいて事前の周到な準備には手を抜いたことがありません。自分でも同じ実習課題を、時間を区切り事前にシミュレーションし、疑似体験の訓練が、より確かな形で相手に伝えるための創意工夫と若干の余裕(笑顔で接する大切さ)も出てきます。

  ▼パース研修風景(住宅メーカーや工務店等での)写真
d0178586_23023970.jpg
また、これらの社員研修のための、指導用テキスト(マニュアルやレジュメ等の作成)や、実技演習用の課題(フォーマット)づくり、その為の参考作品づくりが、日頃の実務で培ったものに対し、より自己研鑽と、日常業務の客観視ができる良いチャンスを得ることができます。60歳を超えた私ですが、社員研修の講師を通して、怠らぬ日々の実務と、日々の実務の積重ねを通して、お施主様へ伝えるための感情移入と表現の創意工夫が、自身の進化のためにも、大きな刺激を与えてもらっていることは確かです。日々初心を忘れず、緊張感ある作業を大切にしていきたいと思います。

①技術に裏付けられたセンスある二世帯注文住宅ならティーアンドダブリュー
②「タイルのもつ魅力」を、建築家とデザイナーのセンスで魅せる注文住宅ならティーアンドダブリュー
③狭小地でも諦めさせない!技術とセンスで広く魅せる!ティーアンドダブリュー
④狭小地にも地震にもツヨイ!夢の3階建て!ティーアンドダブリュー
⑤新築よりも強く美しい。『たてかえリフォーム』 ティーアンドダブリュー

[PR]



# by tandw | 2017-02-24 23:45 | 千北 正 | Trackback | Comments(0)

御来光

2017年の始まりです。
昨年が良い年であった人、そうでもなかった人、
それぞれの想いを新たに新年を迎えられたことでしょう。
d0178586_13540297.jpg
明けましておめでとうございます。
経理の木村です。
本年も宜しくお願い致します。

年末年始は何十年振りかで東京を離れて過ごしました。
元日はお天気も良く、初日の出を拝むには絶好の機会となりました。
氷点下の中、寒さに震え箱根山駒ケ岳から眺める御来光は、
しばし我を忘れるほどの神秘的な光景でした。

ちょうど、縁起の良い扇のように見える瞬間を写すことができましたので、
おすそ分けをーー
d0178586_13513826.jpg
今年が良い年でありますように。


[PR]



# by tandw | 2017-01-14 17:10 | kimura | Trackback | Comments(0)

収穫

こんにちは、工務の関谷です。

東京では11月に雪が降り積雪も記録しましたが、数日前には暖かく、上着を脱ぐほどでした。
12月に入り、寒さが厳しくなる日が多くなり、いきなり冬になった感じです。
そんな短く感じる秋ですが、庭のミカンの木には黄色くなった実が付き、先日、収穫しました。
背丈ほどの高さの木なのですが、ミカンが60個ほど実りました。

d0178586_8484811.jpg

ミカンの味は・・・ご想像にお任せです。
[PR]



# by tandw | 2016-12-11 08:54 | sekiya | Trackback | Comments(0)

ティーアンドダブリューのスタッフブログです。
by tandw

フォロー中のブログ

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 17:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

さくら
at 2017-04-16 18:49
現場紹介
at 2017-03-19 11:04
『社員研修』を通して新たに教..
at 2017-02-24 23:45
御来光
at 2017-01-14 17:10
収穫
at 2016-12-11 08:54
街歩き
at 2016-11-18 17:36
ホンドキツネ
at 2016-10-23 10:26
曼珠沙華の花言葉  再会
at 2016-09-25 15:55
リオオリンピック・パラリンピック
at 2016-09-01 10:47
京都東本願寺大虹梁
at 2016-08-12 11:32
省エネ
at 2016-07-31 17:23
メジャーリーグ・イチロー新記録
at 2016-06-18 20:21
東京ビックサイト ジャパンホ..
at 2016-05-29 09:51
『・念・を入れる』 生誕..
at 2016-04-27 23:30
スグレもの
at 2016-03-27 14:25
暖かくなりました。
at 2016-03-05 08:56
at 2016-02-12 01:32
新年のご挨拶
at 2016-01-05 09:17
素足の時
at 2015-12-12 15:15
将来の夢
at 2015-12-04 11:35

ファン

ブログジャンル